AH Tokyo 検索

カスタム検索

9/29/2009

Who's Whoとは?

西洋では、紳士録のことです。

鬼が島では?

愚連隊名簿のことです・・・



あるいは、

「兵隊やくざ一族の血脈」

のことです・・・


チャップリンも、マッカーシズムからの名誉回復・・・

半分は、バカバカしかったんだろうな・・・

分かる気がする・・・


兵隊やくざから、名誉回復の称号を受けても・・・


「独裁者」


で、終わっているのに、ね?



右も左も、全体主義者は、独裁者です。



ニッポンの場合は?

ヤマタノオロチ

独裁を八分割していただけ・・・



同じこと。

ヒットラーの仲間、ヤマタノオロチ


金正日一家 <-> ヤマタノオロチ一族


独裁者軍団の決闘の図です・・・



ヤマタノオロチ族に操られた「からくり人形」が電波塔で踊っている・・・


ばか丸出し~~~



事実は?

帝国軍が、マッカーサーに負けただけ・・・

原爆を二発おとして・・・

そして、公正な日本国憲法ができた。

だが、闇金、病金システムがはびこっただけ・・・

民主主義の意味を知らない・・・


当たり前じゃん・・・


人権教育の前に、全体主義教育をしたから・・・

右も左も、同じ穴のムジナ・・・


米軍は、対立させて、甘い汁を吸った。

同時に、児玉などの旧軍部を使って、政治屋が甘い汁を吸った。


こいつらこそ、売国奴である。


保守などではない。売国奴である。


それが、今のニッポンの真の姿である・・・


戦後64年、民主国家を樹立できなかった・・・


韓国の金大中、フィリピンのアキノの方が先を行った・・・



闇金、病金まみれの、ニッポン列島こそ、真の姿である。

財政赤字1000兆円、倒産企業目白押し・・・


事実を見よ、何を見ているの? みなさん?

事実を聞け、何を聞いているの? みなさん?


5W1Hを明らかにせよ!


ウソはばれる、ホラもばれる・・・


詭弁にだまされるな・・・


詭弁の対処方法は教えたはず・・・



国家づくりではなく、人創りの延長線上に、国造りがある(国家ではない、国です) - 聖徳太子



どんな人創りが良いか?

過去にこだわっては、単なるノスタルジー


目上を大切に

これは、儒教を曲解した詭弁です


尊敬できる人を尊敬する - ジョーシキ



聖徳太子は儒教をベースにした律令制度を中国から輸入した。

そのトキにはそれなりに時代にマッチしていたと思われる。

今や、グローバル時代、儒教では対応できない、しかも都合よく曲解している・・・

DVオヤジ、パワハラおやじ、セクハラおやじは尊敬の対象ではない。

尊敬する以前に、犯罪者である。


だから、目上を大切にせよ、は詭弁である。

だから、5W1Hを明らかにすることこそ、人創りの防衛策である・・・


あなたが尊敬できる人を尊敬しなさい。

なぜ、尊敬できるのですか?




--
Aoyagi YoSuKe - Art Harbour

Partnership: Google, Inc. AdSense program / Amazon.co.jp Associate program

http://artharbour-gaia.blogspot.com
(The Gaia Art Harbour)
コメントを投稿

The Definition Of Art Harbour Blog



The Definition Of Art Harbour


Virtual International Trade Harbours Of Art


Opening Anniversary Date: December 1, 2006

Language: Multi Language


Each harbour can export the works toward the virtual world.

People and organization can import the works from all over the world.


Now,Item: Works on Art Activities that are expressed with Photos and Explanations etc.

Export Method: Each Harbour put the Works onto this blog

Import Method: People and Organizations accsess this blog

Order Method: People and Organizations put some comments about the Works onto this blog.


In the future, we will need transportation including trains,airplanes,ships, cars, buses etc.

in order to export and import people, goods etc. ?


Art Harbour


アート・ハーバーとは


アートのバーチャル国際貿易港


開港記念日:2006年12月1日

言語:マルチ言語


各港は、バーチャルな世界へ向けて、作品を輸出できる

人や組織などは、バーチャルな世界から、作品を輸入できる


現時点輸出品目: アートに関する活動などを「写真と文などで表現した作品」

輸出方法: 各港で作品をこのブログに書き込むことで、輸出したものとみなす

輸入方法: 人や組織が作品をこのブログで参照することで、輸入したものとみなす

注文方法: 感想などをコメントに入れることで、注文したものとみなす


将来、、、列車、飛行機、船、車、バスなどを利用して、リアルな人や物が輸出入できる?


アート・ハーバー

Multi Language

現時点では?


ブログは日本語ベース


Google Translatorで、各国語へ、変換




そして、現場で、リアルなコミュニケーションは?


英語ベースで、現地語がお愛想・・・


こんな感じかな?


Aoyagi YoSuKe

Art HarbOur


The Gaiaと各ハブは?


英語がベースで、Google Translatorで、各国語へ・・・

Copyright and Responsibility of AH Shimokitazawa blog



Copyright:


Each manager or each member of Each AH Local must independently handle Copyright.


Each may insist on Copyright or discard Copyright independently.


Copyright depends on each manager or each member.


Responsibility:


Each manager or each member of Each AH Local

must independently have the resposibility on the posted works.

Art Harbour Shimokitazawa


コピーライト:

各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々でコピーライトの取り扱いをしなければならない。

コピーライトを主張するか破棄するかは各々に任される。


責任:


各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々が投稿した作品に関して責任を持たなければならない。


アート・ハーバー 下北沢


Posting Rule - 掲載ルール




Introducing People, Works, Shops etc. related to Art Harbour as a spot ad.


As a general rule, the details such as map, price should be in the Official Sites related to the ad.

Each ad may contain the Official Sites' URL related to the ad.


Restriction: The Number of Photos is within 6(basically 3). about 640x480 pixel


Ad Size: Within about 2 standard printing papers.


Example: Spot ad. , Flyer, Live Report, Poem, Short Story, Illustraltion, Photo, Paintings etc.


Art Harbour Shimokitazawa



アート・ハーバーに関連した人、作品、店などをスポット広告として紹介する。


原則として、地図や価格などの詳細は広告に関連したオフィシャル・サイトに掲載する。


各広告には関連オフィシャル・サイトのURLを掲載しても良い。


制限:写真など6枚以内(基本は3枚) 1枚に付き640×480ピクセル程度


サイズ:標準プリント用紙(A4)約2枚以内


例:スポット広告、フライヤー、ライブの報告、詩、イラスト、絵など



アート・ハーバー 下北沢