AH Tokyo 検索

カスタム検索

3/25/2010

My Architect


20世紀のジャイアンツのひとり、建築家のルイス・カーン

彼は設計者、デザイナーというよりも、クリエイターである。

天職はフリーランスの建築家である・・・



ソーク生物学研究所


ドラゴンシステムと建築物をいかにして融合するか?


これこそが、ミソである。


天空に棲むドラゴンが吐くエネルギーが、地上に舞い降りてきて、地底に住むドラゴンのパワーと融合して、地上に現れるのが風水にマッチした建築物である・・・



キーは? 開放性、風通しのよさ、日当たりのよさこそ、風水である。


推薦したい建築家は?

池ノ上に住む建築家夫婦

だんなは、日本人、ダルマ君、嫁は、香港人、ドラゴン姫

ふたりはヨーロッパのどこぞの大学の同級生・・・

二人合わせれば、風水と西洋建築が融合した建物のデザインができるはず・・・

池ノ上に事務所を持っています。

相談してみたら、面白いと思う・・・


ルイスと僕の共通点と相違点は?


共通点は? 旅


相違点は? ルイスは古代遺跡、僕は遺跡も見たがごく一部、市井の人と風景と文化を見て、人生が変わった。


もっと重要な相違点は、情報産業の驚異的な進展です。バーチャルで素晴らしいものを見聞きすることができるようになった。

だが、リアルなしのバーチャルでは、理解の深さが異なる。

よって、

地獄を見たものだけが、天国を見れる・・・




ルイスには妻が三人いた。そういう意味では・・・


僕はやまんばと鬼姫がふたり。妻って、何だろうか?


ニーナシモンは歌った・・・


結婚は古い制度よ、冷たいわ・・・


Marriage is for old folks, not for Me!


選ぶのはひとりひとりの問題です


愛=日本国憲法=新世界 > からくり=インチキシステム=旧世界








No.34
Feeling good

Words by Leslie Bricusse
Music by Anthony Newly

Birds flying high, you know how I feel
Sun in the sky, you know how I feel
Breeze drifting by, you know how I feel
It’s a new dawn, it’s a new day
It’s a new life for me feeling good

Fish in the sea, you know how I feel
River running free, you know how I feel
Blossom on the tree, you know how I feel
It’s a new dawn, it’s a new day
It’s a new life for me feeling good

Dragonfly out in the sun, you know what I mean
Butterflies all having fun, you know what I mean
Sleep in peace when day is done, that’s what I mean
And this old world is a new world and a bold world for me

Stars when you shine, you know how I feel
Scent of the pine, you know how I feel
Freedom is mine, I know how I feel
It’s a new dawn, it’s a new day
It’s a new life for me feeling good

1.Cobra&BirdMan&Garuda

コブラと鳥男とガルーダ

コペンハーゲン+ブリュッセル+アムステルダム(ヨーロッパの自由都市の象徴、本家本元、アート集団Cobra派)

日本版コブラは、砂漠の毒蛇、インドの蛇使い、アラブの蛇使い、ぴ~~~、ひょろろ、コブラよ踊れ~~~

鳥男は鳥居を棲家にしていて、鳥居より飛び立つ(スパイダーマンの好敵手)

【Garuda 梵】ガルーダ 伝説上の巨鳥で、竜を常食とし、ヴィシュヌ神を乗せる。


鬼姫औ CoBrA


http://artharbour-gaia.blogspot.com
(The Gaia Art Harbour)


鳥男 औ Bird Man


鬼姫औ GaRuDa



ルイス・カーンのデザインは?

トップダウン&ボトムアップのゆうごうから生まれているようだ・・・

レンガに聞く・・・ 何になりたい?

答える、アーチ

アーチは値が張る、まぐさとコンクリートでは?

レンガは答える、アーチ

つまり、レンガでアーチを創る、デザインする・・・

なるほど・・・

これを日本の国土再生に用いたのが、下の提案です・・・

Aoyagi YoSuKe

Creator


メカニカルすぎるモダニズム => ポスト・モダニズム

機械論的宇宙 => 生命論的宇宙

ホモ・サピエンス/人マシン => ミュータント・アンドロイド、ヒューマノイド・アンドロイド


ハードから、ソフトへ

争い、競争、戦いから、共生、共感、シンビオニズム・・・



提案)

単体の建築物から、都市の中で、有機的に結合する建築物を設計する。

その建築群を結ぶのが、情報ネットワークと交通・物流ネットワークである、いわゆるロジスティクスである・・・


やはり、建築物の許認可の前に、都市の在り方・・・

つまり、空港から、港から始まり、幹線鉄道、国道へと・・・

そして、私鉄・地下鉄や、生活道路へと・・・ トップダウンのデザイン


住宅から、生活道路へ、公園やスーパーや病院などのインフラ、そして、駅やバス停・・・ ボトムアップデザイン


国土交通大臣へ

トップダウン設計のコンセプト、筋道をまずは示す、方針、方策など

ボトムアップ設計のコンセプト、筋道をまずは示す、方針、方策など


そして、大規模開発はトップダウンで進めて、

小規模開発はボトムアップで進める・・・


キーのコンセプトは? アートハーバー・アジアの方針でもある・・・


http://artharbour-hub.blogspot.com/



6.21.2007


Innovation

The Concept of Innovation is


"Amalgamate organically

Agriculture, Forestry,Fishery,Industry,Science,Arts and Civic Life etc."


Is this neutral?


Art Harbour Asia Hub Managers










食 > 衣・娯楽 > 住


健康で、文化的な生活


健康=食が基本


文化的=文化住宅+衣+娯楽(アート&サイエンス)


文化とは? 文が化ける・・・ お化粧は? 人が呪いをかけながら化ける、笑い





東洋医学に基づいています・・・

医食同源

病は気から

毒と薬は紙一重

病は患者が治すものである・・・



1:8:1モデル

ブルジョア(上流階級)=1=シャネルベース (先進国)


プチブル(中産階級)=8=ユニクロベース (新興国+途上国の多く)


憲法25条(社会扶助)=1=憲法ベース (貧困対策国)


なお、国による分類については、ひとりあたりのGDPを意味する。

現時点で、

ひとりあたりのGDPが高い国=G7

ひとりあたりのGDPが中間の国=BRICsおよび途上国

ひとりあたりのGDPが低い国=アフリカなどの貧しい国

つまり、国ベース(GDP)のガウス分布、個人ベース(家計)のガウス分布の両方を示している・・・


おおまかに言うと、以下のように推移していく

200カ国の1割=20はG20

200カ国の8割=160カ国は中間派

200カ国の1割=20カ国は支援を受ける




貧乏対策=知恵を使って工夫する


20世紀の廃墟とは?


マイケルジャクソンのネバーランドはアメリカンドリームの文化住宅の最高峰のひとつであった 

=> 非文化的住宅(新世紀)


ネバーランドが廃墟(光)なら、サブプライム住宅は生贄(影)であった・・・


もはや、エルミタージュ(エカテリーナの文化住宅)、故宮(エンペラーの文化住宅)などは、遺跡である。













遺跡は人類が共有すべきである。人類の遺産である・・・

よって、観光資源として、利用することは、フェアである・・・


そして、最後にガウス分布の一般的な曲線をあげておく・・・


















基本的には、山型から、ゆるい、プレイリー型へ移行するのが良いのではないかと思う・・・

それが、1:8:1の考え方である・・・


















細かい話は、専門家にゆだねます・・・


















第二の月が上がることを期待しています・・・












二つの月

満ち欠けするリアルな月

常に満月だが月の色が微妙に変わる第二の月=空転金融原子炉




勝ち組2割のヒルズ族から、ガウス分布に基づくプレイリー族へと・・・


エコシステムに合致した富の配分へ移行する・・・


過当競争でなく、適正競争、フェアトレードを旨とする・・














そして、、、

政治は論、経済は指標、健康は気から

PoliticsEconomicsDynamics、政治経済力学、政治=論、経済=指標、力学=気

これは、実務である・・・


加えて、宗教は? 祈りである・・・

韓国とフィリピンはキリスト教抜きには語れない。

タイはもちろん、仏教・・・

イラク、アフガンは、言わずもがな、イスラム・・・

このように、宗教や、慣習が異なって、その中での、友愛外交、架け橋・・・

難しいよ・・・

だから、宗教の自由を前提にした民主化の理念は欠かせない・・・


政治経済力学=実務 + 宗教=祈り

NeoSystemの両輪とする・・・


今や、産業は、

情報産業、モノ産業、インフラの三層構造になった・・・


情報貿易の輸出と輸入の自由化は公正である - 死神女神&Dr.パルナサス

モノ産業の輸出と輸入の自由化は公正である


そして、日本は大きな財政赤字を抱えている

それぞれの産業の目標は貿易黒字化である


日本は先進国なので、情報産業が果たすべきミッションは大きい

情報産業がモノ産業をリードして、コントロールすることをお忘れなく

情報産業の黒字化の壁は高いが、その壁を超えることなくして、日本の再生はあり得ない・・・



金融経済システムに関するグローバルコンセプトは?

マネーはもはや、情報である、クレジットである - モネータ&アッラー



私たちは使用人よ - 王政


私たちの、私の取り分は正当よ - ケインズ


資本が払うのは、労働に対する報酬だ - マルクス


商いは神聖です - モネータ&アッラー


三菱には高く売れますよ、ひまわりは - 餓鬼














官民でリストラが進んでいるようだ・・・

セーフティネットは?

業績回復が見込めない場合は、撤退も選択肢です。

廃業、転業などに際して、セーフティネットは不可欠ですが・・・

どうするんだろ?


食 > 衣・娯楽 > 住



輸出入のバランスである、トレードオフである・・・

自由貿易協定? NAFTA?  WTO?



忘れた・・・
















今や、産業は、

情報産業、モノ産業、インフラの三層構造になった・・・


情報貿易の輸出と輸入の自由化は公正である - 死神女神&Dr.パルナサス


マネーはもはや、情報である、クレジットである - モネータ&アッラー


クレジットのないマネーは贋金である。情報操作でカネを盗んだ - おれおれ詐欺&新東京銀行


産業の三層構造にフォーカスして、成長戦略を企てる・・・

ですよね?

ダボス会議さん?
















内需拡大に関して、どの製品や、どの商品の内需拡大を行うのか?

大まかなアイテム化が必要(成長戦略の目安)



大まかなアイテムと、目標金額を明らかにする・・・



内需拡大品目

1.農産物・食品

2.工業製品?


輸出品目

1.新素材

2.?!?


輸入品目

1.石油・ガス・ウラン

2.食料品

3.鉱物資源

4.木材など

5.音楽・映画などの娯楽

6.衣料品など



食料増産 => 農林水産業拡大 => 耕運機、漁船、チェーンソー、炭焼き小屋?

=> 農道整備、漁港整備

=> 砂利輸入? 原油輸入? 鉄鉱石輸入? コークス輸入?


ブレークダウンが必要です・・・














おおまかな産業の構造は?

情報産業(システム、サービス、デザイン、人創り)

1.コンテンツ系
放送、通信、新聞、出版、デザインなど

2.ツール系
電機メーカー、ソフトウェアメーカー、製紙、製本、印刷など

3.販売系
リアル・ショップ、ネット・ショップ、住宅・オフィス販売など


注)
なお、映画は出版に含む、ライブ・イベントの興行などは、放送、通信に含む

大規模イベントは放送、小規模イベントは通信というイメージですが・・・

広告は販売系に含む


○モノ産業(製品、プロダクト、物造り)

1.食材、資材など
農林水産業

2.建物、鉄道、道路など
不動産、土木、建設など

3.製品、商品など
自動車、運輸、アパレルメーカー、小売り店舗など


○インフラ

情報系

金融システム、物流・交通システム、公共サービス、医療サービス、教育サービスなど

モノ系

エネルギー供給(電気、ガス、水道など)、金融業、薬品業、医療機器業、卸売店舗(市場)など、学校、公共事業など



注)小売り、卸売り、市場、インフラ


小売り(Retailed Shop?)は、生活系

デパートや、ショッピングモールや、スーパーなどは、生活系総合小売り

市場(Market)や卸し(Wholesale Shop?)は、事業系

公設市場 -> 公正、 闇市場 -> 不公正

インフラ(国?)

公共事業、エネルギー、金融、、、

防衛、レスキュー、エネルギー、金融などは、公共性が高い・・・

エネルギー(リアル・リソース) <-> マネー(バーチャル・リソース)



1.化石エネルギーからソーラーシステムへ(化石産業革命の終焉)

大きなプランです・・・

目標は? 2100年


2050年は? 石油が枯渇・・・

天気は? 不明です。

化石時代から、ソーラー時代への初期設定が完了・・・


2080年ころ? ウランが枯渇・・・

天気は不明?


他のエネルギー資源は?


天然ガス、石炭、メタンハイドレード・・・


これくらいじゃないの? ソーラーシステム以外は?


大まかな残有量は不明です、把握していません・・・


よって、2080年から、2100年が最後の詰め・・・

2100年で、ソーラーシステムへ移行する・・・

天気は不明?



2050年で・・・ 部分的に、このような世界が出現するかも?


だれが知っている?

神のみぞ知る・・・


つまり、約500年間続いた産業革命=化石時代













これを、約100年で、ソーラーシステムへ移行する・・・

こんな感じじゃないの?



情報産業がリードする・・・ モノ産業、インフラを・・・




2/16/2010


第二の月+ダビデの星

よって、エルサレムがフォーカスしている・・・



4.阿智王の印
不確実性の時代、フォーワード・リーズニングに切り替える・・・
今は刹那、生きている。未来は創造、新しく創る・・・


中国・霊帝の末裔、右三つ巴+ダビデの星+左三つ巴

右三つ巴 武

ダビデの星 王の中の王?

左三つ巴 文

A business that makes nothing but money is a poor kind of business.
-Henry Ford

金しか作らないビジネスは不毛な類のビジネスだ

- ヘンリー・フォード

金しか作らないビジネスは「あだ花」を咲かして枯れるのみ

- 青柳洋介




   阿



2/09/2010


第二の月 - 第一段階

共通通貨アジアンの行くへは?


共産圏 => 元


資本圏 => US$


ボディサトバとは? 菩薩の象徴です。民を救済するもの。たとえば、ダライラマやマザーテレサのことです

モネータとは、ローマのマネーの女神。忠告をする女神です・・・


【菩薩】ぼさつ (梵 bodhisattva 覚有情) 自利・他利を求める修行者


モネータ [Moneta]◇ローマ
「忠告女」の意であり、ユノーの呼称の一つ。
カピトリウム丘北頂にあった彼女の神殿で
「ユノ・モネータ・レギーナ」という名で祭られていた。
その神殿は後に貨幣鋳造所となり、
モネータはそこを意味するようになった。
英語のmoney、仏語のmonnaire等の語源である。


目的は? 世界の金融システムの安定稼働である・・・

なお、一般的な意味では、バーチャルマシンである・・・


マネーを紡ぐ月である・・・

空転金融原子炉のイメージは?


第二の月である


第1段階

アメリカ、アジア、ユーロと炉心で稼働する。

正三角形の頂点に各地域のコントロールを行う機能が実現されている。

三角形の中に円がある。

円の機能こそ、これである・・・

ボディサトバ&モネータ・コンタクト

そして、第一段階では、月の色は三原色で合成される。その色模様が経済の状況を示す


第2段階は

二重丸である。外側の丸に六大陸の機能がある

中の丸は同じ機能である。つまり、

ボディサトバ&モネータ・コンタクト

一般的な意味での動作モードを音で示す・・・

炉心は?


ガウスのエントロピー  数学モデル(バーチャル、セオリー)


エントロピーの法則こそ、熱力学の根本

エントロピー\ln\left(\sigma\sqrt{2\,\pi\,e}\right)


お銚子悶+魔の月 経済モデル(リアル、経済指標のフィードバック)


性差のアパルトヘイト・・・

これはグローバルで共通の問題のようだ・・・男主導の世界から、人主導の世界へ・・・

ホモ・サピエンス

=> ミュータント・アンドロイド or ヒューマノイド・アンドロイド?


公私について

公、つまり、社会的な仕事に性差なし、能力で評価する。

私、つまり、ひとそれぞれ・・・

いずれにしても、人権尊重こそ、キーワード、ヒューマニズム、人道主義じゃないのかな?


性差のアパルトヘイトを打破する - 神&人

必ず、ここへ戻る・・・

人はオスかメスか? それとも、人か?

まずは、人である。違う人手を挙げて?


性差、年齢差、民族差、眼の色の差、肌の色の差、国籍の差・・・

差があるのが当たり前・・・

だが、あなたは人である・・・ コスモポリタン=宇宙人

ですよね?




先進国の責任は?

バースコントロールの方法を教えなくてはならない。

リソース管理である。

分かっているのか?

食物循環の意味を・・・

当然ながら、あなたも、食われる側です・・・


何に喰われるか?

癌細胞? ウイルス?

化石の重油(火葬)

土の細菌(土葬)

喰われるんだよ、あなたも・・・


食物は循環している・・・








情報産業がリードする・・・ モノ産業、インフラを・・・


通信+放送 => コンタクト・ツールへ


コンセプトをブレークスルーする!


2010年2月16日火曜日


究極のコンタクトツール

オンデマンド、オンタイムは無関係

インフォメーションシステム、ライブシステムは無関係


つまり・・・

五感+アルファーで、何らかのものとコンタクトする・・・


ひとつのコンセプトは?


音 -> 音梵天(サウンド) -> 波動 -> エネルギー -> 音魂

光 -> 阿弥陀如来(ビジョン) -> 波動 -> エネルギー -> 光魂

文字 -> まじない(スペル) -> 波動 -> エネルギー -> 言魂



梵天 ブラフマン ヒンドゥ 宇宙の最高原理

阿弥陀 無量光 仏教 如来

まじない うらない シャマニズム タオ

注)まじないについては、いまいち、分かりませんが・・・

タオとは? タオイズム 道教などです・・・





音楽の構造について
Rhythm, Chord, Melody, Harmony, Symphony,,,

リズム、コード、メロディは、ソロでも可能・・・

各ソリストが、リズム、コード、メロディーをプレイし、

例えば、

タイコ、ベース、クラリネット、ピアノ、ヴォーカルで、ハーモニーを奏でる・・・

ある意味で、クインテット(5重奏)になります。

solo ソロ

duet デュエット

trio トリオ

quartet カルテット

quintet クインテット

・・・
・・・
室内管弦楽団・・・
この辺りまでは、ハーモニーの世界
・・・
・・・
orchestra オーケストラ
これは、シンフォニーの世界・・・

その先は? 分かりますか?


せっかくだから・・・ ヒミツを教えます・・・

ここから先は、人工世界でなくて、現実世界になります・・・

natural synchronisity
(現実世界の六大驚天地)

gaia synchronisity
(ガイアのシンクロニシティー)

・・・
solar system synchronisity
(太陽系のシンクロニシティー)

・・・
cosmos synchronisity
(宇宙のシンクロニシティー)





リズム、コード、メロディーの三拍子が必要です・・・

音楽の三種の神器のようなものです。

日本の三種の神器は、

鏡、勾玉、剣

です・・・ 同じような世界ですが・・・




音量の変化は、メロディーの中に含まれます・・・ メロディーは流れです・・・

リズム、コードを伴った流れですが・・・(つまり、質量と時間の流れが包含される)


もっと、シンプルに言えば、、、

エネルギー(中国の概念では、気)の遷移です(この中には、時空も含まれます)。



soloから始まって、cosmosに至る各段階をmode(モード)と考えれば良いです・・・

modeとは?

方法、様式、気分

存在の仕方、形態

様態、様相



このようなものと思えばよいです。

例えば、

solo,duet,,,quintetでは、modeが異なります。

だから、ハーモニーを形成する様式が異なります。

それで、ベースがあったらいいのに、というような話になります。

ベースがあった方が、そのメロディーのハーモニーを形成しやすいのでは?

ご理解いただけたでしょうか?

僕は、音楽のこういうことは知っていますが・・・





クラシックとジャズは、ほぼ対応している


クラシック   ジャズ


ソロ・ピアノ ソロ・ピアノ

三重奏    トリオ

オーケストラ ビッグ・バンド






12/26/2009


電子メールなどのコンタクト・ツール


コンタクト・ツールのコンセプトは? 

未知との遭遇&ET


太陽から、ポセイドンまで、行ったり来たり、忙しいな・・・

われわれれは、太陽系で生まれた生命体である - 未知との遭遇

ぱらりらら~~~、らりれるろ~~~、ぱらりらら~~~



Close Encounter
(光&音)



アイコンタクト&スキンシップ
(愛の接触&皮膚感覚)



コンタクト・ツールの最重要点は?


最重要ポイントは?

法を破らないこと・・・ だと思いますが・・・


法の精神 - モンテスキュー

社会契約論 ― ルソー

仏法 - 釈迦

イスラム法 - ムハンマド

バイブル - イエス

十戒 ― モーゼ

馬鹿とキチガイはかみひとへ、神人へ


KamiHitoHe AO
かみひとへ、あお



メール&ブログ Google

Creator

Art Harbour

Birdman

Book Creator

nandemoYa?

Salon de Prevert



バックアップ・メール so-net

バックアップ・ツール Microsoft SkyDrive


サウンド&ビデオシステム iTunes


モバイル iPhone


その他(ネットワーク、公正な人脈・・・)

twitter ホリエモン、三木谷、藤田をフォローアップ

ameba 女子の苑?

facebook, Linkedln、物工同窓会など


なお、Art Harbourは協力関係、パートナーシップ、互恵関係に基づく

--



7/29/2009


Personal HAL

Personal HAL at this point,


○Mobile Personal HAL

Pocket PC - iPhone(MAC OS)

PalmTop PC - SONY VGN-P50(Windows XP)


○Home Personal HAL

Board PC - SONY VGC-JS50B(Windows Vista)



○The Software for Clouds

Google - Robot Search + Ad System + Applications

Yahoo! - Directory Search + Navi System

Microsoft - Live + Office + Windows

Apple - iTunes Sound System + MAC OS

IBM - UNIX-based Infra System



NASA/JAXA,,,


Yahoo!,,,

Google,,,Microsoft,,,Apple,,,

IBM,,,


Google is Driver, Yahoo! is Navi, Microsoft is Engine, Apple is Sound、

IBM is Body, NASA/JAXA is Space Station,,,


○Communication Networks

NTT, KDDI, SoftBank


○TV System

Full segment TV System

One segment TV System


○Space Station

NASA/JAXA


The Space Station is the Doctor for Gaia and Mother.

He/She Diagnoses the Condition of Gaia and Mother.



The Next Stage Software

Google(TBS?)

- Robot Search + Ad System + Free Applications(Gmail, YouTube etc.) + Chrome OS


Yahoo!+Microsoft(NHK?)

- Directory Search + Ad System + Navi System(Live, Office etc.) + Windows OS


Apple

- iTunes + MAC OS


Aoyagi YoSuKe

Creator


P.S.

Microsoft and Yahoo! agreed with 10 year partnership.

Search engine battle begins.

Google <-> Bing(Microsoft/Yahoo!)

the share at this point,

65% <-> ??%






---Wiki

ルイ・カーンルイス・I・カーンルイス・イザドア・カーンLouis Isadore Kahn1901年2月20日 - 1974年3月17日)は、20世紀を代表するエストニアアメリカ人建築家で、都市計画家、大学教授。彼の活動の主眼は、公共建築である。彼は野獣主義(Brutalismus)の代表者の1人でもある。日本の書籍・資料ではルイス・カーンと表記されることが多い[1]



生涯 [編集]

1901年、ロシア帝国(当時)のエストニア地方サーレマー島で、ユダヤ人の父レオポルドと、同じくユダヤ人の母ベルサとの間に、2男1女の長男として生まれる(1902年生まれという説もある)。1904年、レオポルトが職を得て単身アメリカに移住すると、1906年に家族も続いて渡米し、一家はフィラデルフィアに定住した。しかし家計は貧しく、ルイスも映画館オルガンを弾きながら家族を支えたという。1914年に家族とともにアメリカに帰化し、翌年名前をそれまでのItze-Leib (Leiser-Itze) Schmuilowsky (Schmalowski)(イツェ=レイブ[レイゼル=イツェ]・シュムイロフスキー[シュマロフスキ])から、Louis Isadore Kahn(ルイス・イザドア・カーン)に変えた。
1921年、ペンシルベニア大学美術学部建築学科に入学し、フランス人建築家ポール・クレの下で学ぶ。1924年に同大学を卒業すると、ジョン・モリトールの事務所に製図工として勤務した。1926年のフィラデルフィア万国博覧会に際し、ジョン・モリトール事務所の首席デザイナーに就任して、6つの建物を設計する。その後、ウィリアム・リー事務所に移り、1年ほど勤めた後に職を辞すると、いわゆるグランド・ツアーとしてヨーロッパへの旅に出、イギリス、ドイツ、北欧、オーストリア、イタリア、フランスを1年ほどかけて回って、フィラデルフィアに戻った。そして、大学時代の恩師ポール・クレの事務所で職を得る。
1930年、ペンシルベニア大学に勤めていた神経外科学科の助手エスター・イスラエリと結婚。一見順風満帆のように見えたが、1929年に起こった世界大恐慌の影響で、クレの事務所の仕事が無くなったため、クレの事務所を辞した。その後クレの友人の事務所に職を得るが、こちらも恐慌のあおりで仕事は少なく、1932年には仕事を失った。その後の4年間はほぼ失業状態であったが、友人の建築家たちと共同で住宅公社に対して公共住宅の提案を行ったり、友人の家の改装を行ったりして過ごす。1935年、自らの建築設計事務所を開き、居住建築プロジェクトを立ち上げると、同年、建築家のアルフレッド・カストナーの誘いでニューヨークに行き、アメリカ合衆国再定住局の助任建築家としてローコストの公共住宅の設計に携わった。
その後、フィラデルフィアに戻るが仕事は少なく、ワシントンで知り合った建築家のヘンリー・クラムと共に、鉄骨造によるプレファブ住宅の研究に勤しんだ。1937年、公共事業による住宅建設の機運が強まると、アメリカ合衆国住宅局、フィラデルフィア住宅局が相次いで設立され、早くから公共住宅の問題に取り組んでいたカーンはその実績を認められて、フィラデルフィア住宅局顧問建築家になる。1939年にはアメリカ合衆国住宅局顧問建築家にも就任。
しかしながら当時、不動産業者や地域住民の反対を受けて、公共住宅の供給に対して依然として消極的であった地元議会との対応に苦慮したカーンは、自らブックレットの製作や展覧会への参加を通じ、都市計画の面からのアプローチなど様々な方向から、公共住宅の供給の重要性を繰り返し訴えざるを得なかった。その後これらの活動が実を結んで、多くの団体の支援を受け、建築家のジョージ・ハウオスカー・ストロノフと協力しながら、公営の労働者住宅および戦時住宅の設計に従事した。
1940年代から1950年代にかけて、ノーストライアングルエリア開発(1946年 - 1948年)、フィラデルフィア・エキビジョン(1947年)、トラフィック・スタディース(1951年 - 1953年)、シティ・タワー(1952年 - 1957年)、ミル・クリーク(1951年 - 1952年)、ペン・センター(1951年 - 1958年)、シビック・センター(1956年 - 1957年)、マーケット・ストリート・イースト計画(1961年 - 1962年)など、フィラデルフィアの都市計画プロジェクト・交通スタディに関わった。
1947年〜1957年の10年間、イエール大学で非常勤講師として教鞭を執った機縁で、1951年、イエール大学アートギャラリーの設計を依頼される。1957年〜1974年 フィラデルフィアのペンシルベニア大学に移ると、ペンシルベニア大学リチャーズ医学研究棟で建築界の注目を集め、アーキテクトとしての事実上のデビューを果たすことになった。
1974年、インドアーメダバードからの帰途、ニューヨークペンシルベニア駅の男性用トイレで心臓発作のため亡くなり、数日後発見された。73歳だった。

業績 [編集]


イェール大学アートギャラリー

ソーク研究所

キンベル美術館

バングラデシュ国会議事堂

フィリップ・エクスター・アカデミー図書館
カーンは、しばしば最後の巨匠と呼ばれる。それは、構造と意匠が高度な必然性の高みで融合し、その精神性を専門家だけでなく、広く一般にまで感受させることのできた建築を作り続けた最後の建築家と考えられているからである。
カーンは最初、ローコストの公共住宅などを手がけ、イエール大学アートギャラリーで初めてチャンスを得る。四角錐のグリッド・パターンによるスペース・フレーム(スラブ)で、ブルータルな表情を見せたが、外観は素材と工法においてきわめてオーソドックスなモダニズム様式で設計されている。カーンは、建築素材の扱い方において慎重であり、素材はその本性に沿ってのみ扱われるべきだと信じていた。
ペンシルベニア大学リチャーズ医学研究棟で、彼の言うところの「サーブド・スペース」(サポートされる機能空間)と「サーバント・スペース」(サポートする機能空間)が試され、階段室、排気、給気ダクトが納められた4本のシャフトが鋭く起立するデザイン的完成度で建築界の注目を集めた。しかし、設備的完成度の未熟さもあり、その使い心地は悪かった。 この経験を踏まえ、満を持して取り組んだのが、カリフォルニア州ラ・ホヤのソーク生物学研究所である。
ソーク生物学研究所は、ポリオ・ワクチンの開発で有名な細菌学者のジョナス・ソーク博士がリチャーズ医学研究棟を見て感銘を受け、「芸術家のピカソを招いてもいいような研究所を」という彼の肝いりで依頼されたものである。
リチャーズでは縦に割れていた「サーブド・スペース」「サーバント・スペース」の関係性が、ここでは設備的には上下2層に分かれ、さらには共同作業を行う実験室と明確に分けられる形で、居住性に配慮した個人研究用の個室を、中庭に面して左右対称に、45度の角度で重なり合いながら横に張り出させている。そしてその外観を、明るい砂色のコンクリートに良くマッチした窓枠のチーク材の生成りの色合いとのツートーンで際立たせつつ、印象的なファサードを形作ることに成功した。
この印象的な中庭は、そのデザイン処理に最後まで悩んだカーンが、友人の建築家ルイス・バラガンにアドバイスを求めたことによって実現したものである。相談を受け現地に立ったバラガンは即座に「ここには何も置くべきではない。ただのプラザになるべきだ。そうすればここは空へのファサードになるだろう」と言い、カーンもまたすぐにそのデザイン意図を理解したという。カリフォルニアの明るい太陽の下、中庭の真ん中に穿たれた浅く細い水路の先に、広大な太平洋を望むランドスケープは、カーン建築のなかの嚆矢である。
以後、バングラデシュインドで国家的プロジェクトに携わり、ダッカではコンクリートと白大理石との組み合わせで、アーメダバードではレンガとの組み合わせで、資材と技術の払底した発展途上国にあっても十分にモダンでかつヴァナキュラーな(地域的・地方色豊かな)優れた建築を作り出せることを実証した。しかしながらカーンの作品の中での白眉といえば、テキサス州フォートワースに建つキンベル美術館であろう。カマボコ形のコンクリート・ボールトの屋根を戴いた細長いユニットがおよそ3×6の配置で並べられた建物は、実業家で熱心な美術収集家であったケイ・キンベル夫妻の私的コレクションの為に計画された。ボールト屋根の頂部にうがたれたトップライトからの自然光は、アルミ製のパンチングメタルの反射板で受けとめられ、銀色の間接光で満たされて光輝くコンクリート打ち放しの天井面を作り出す。その柔らかな光は、地上ではここでしか見ることのできない性質のものである。
打放しコンクリートを建築デザインとして用いたのは、フランスオーギュスト・ペレが最初であるが、それをモダニズムの美学として発展させる取り組みは、日本が世界で最も早く、アントニン・レーモンドを経て、後に日本のお家芸と言われるまでになる。カーンのコンクリート打ち放しによる柱梁表現も、丹下健三の初期3部作(広島ピースセンター・旧東京都庁・香川県庁舎)に影響を受けたのではないかとする向きもあるが、その細部に至るまで緻密な表現は、構造エンジニアのオーギュスト・コマンダントの協力もあって、カーン独自の美学的完成度をみせている。
しかしながら、モダニズムの禁欲的な原則にのっとって、構造と素材が厳しく幾何学的形体として操作され、そのディテールの精度とプロポーションの確かさにも関わらず、出来上がった時からもうすでにどこか廃墟の風情をたたえるカーンの建築は、しばしばアナクロニズム(時代錯誤)とも評される。荘厳にして冷ややかな、神亡き機械時代の神殿を築いたかのようでもある。
カーンはまた、哲学的な建築論でも知られ、その言葉はしばしば深淵で神学的な響きを帯びた。多くの弟子を育てあげており、日本人の建築家としては香山壽夫新居千秋らがいる。

作品 [編集]

  • イエール大学アートギャラリー(1951年 - 1953年)
  • ミル・クリーク団地(1952年 - 1953年、1959年 - 1962年)
  • アメリカ労働医療連合サービス・ビルディング(1954年 - 1957年)現存しない
  • ユダヤ・コミュニティーセンター(1954年 - 1959年)
  • アダス・イエシュラン・シナゴーグ計画(1954年-1955年)
  • トリビューン・レヴュー・ビル(1958年 - 1961年)
  • マーガレット・エシェリック邸(1959年 - 1961年)
  • レヴィー記念公園計画(イサム・ノグチと 1961年)
  • ペンシルベニア大学リチャーズ医学研究棟(1959年 - 1965年)
  • ソーク研究所(1959年 - 1965年)
  • ファースト・ユニタリアン教会(1959年 - 1967年)
  • ノーマン・フィッシャー邸(1960年 - 1967年)
  • ブリンモア大学エルドマン・ホール(1960年 - 1965年)
  • バングラデシュダッカ首都大学、国会議事堂(1962年 - 1974年)- 国会議事堂はカーンが作った最大の建築だったが、貧乏国のため、竹で足場を組んで人力で建築され、完成までに23年を費やした。
  • インド経営大学(1962年 - 1974年)
  • フィラデルフィアミクヴェイスラエル・シナゴーグ計画(1962年 - 1972年)
  • フィリップ・エクスター・アカデミー図書館(1965年 - 1972年)
  • オリヴェッティ=アンダーウッド工場(1966年 - 1970年)
  • キンベル美術館(1966年 - 1972年)
  • イスラエル・フーバー・シナゴーグ計画(1967年 - 1974年)
  • イエール大学英国美術研究センター(1969年 - 1974年)
  • ボルチモア・インナーハーバー計画(1969年 - 1974年)
  • スティーヴン・コーマン邸(1971年 - 1973年)
  • ルーズベルト記念公園計画(1973年 - 1974年)

栄誉 [編集]

  • 1965年 デンマーク建築家協会からメダル。
  • 1971年 アメリカ建築研究所(AIA)から金メダル。
  • 1972年 イギリスの王立建築研究所・RIBAゴールドメダル

関連項目 [編集]

脚注 [編集]

  1. ^ #参考文献の節を参照のこと。

参考文献 [編集]

  • 工藤国雄 『私のルイス・カーン』 鹿島出版会、1975年。
  • デヴィッド・B・ブラウンリー/デヴィッド・G・ロング 『ルイス・カーン 建築の世界』 東京大学建築学科香山研究室訳、デルファイ研究所、1992年。
  • 香山壽夫『ルイス・カーンとはだれか』、王国社
  • PLAY MOUNTAIN―イサム・ノグチ+ルイス・カーン 夢のランドスケープ マルモ出版 1996
  • 『ルイス・I・カーン―バングラデシュ国政センター1962-83』 ADA (GAグローバル・アーキテクチュア No.72)、1994年。
  • 原口秀昭 『ルイス・カーンの空間構成―アクソメで読む20世紀の建築家たち』 彰国社、1998年。
  • ケネス・フランプトン 『テクトニック・カルチャー』 松畑強+山本想太郎訳 TOTO出版、2002年。
  • ルイス・カーン 『建築家の講義 ルイス・カーン』 香山壽夫訳、丸善、2007年。
  • ルイス・カーン 『ルイス・カーン建築論集』 前田忠直訳、鹿島出版会 (SD選書)、2008年。

外部リンク [編集]

ウィキメディア・コモンズ
コメントを投稿

The Definition Of Art Harbour Blog



The Definition Of Art Harbour


Virtual International Trade Harbours Of Art


Opening Anniversary Date: December 1, 2006

Language: Multi Language


Each harbour can export the works toward the virtual world.

People and organization can import the works from all over the world.


Now,Item: Works on Art Activities that are expressed with Photos and Explanations etc.

Export Method: Each Harbour put the Works onto this blog

Import Method: People and Organizations accsess this blog

Order Method: People and Organizations put some comments about the Works onto this blog.


In the future, we will need transportation including trains,airplanes,ships, cars, buses etc.

in order to export and import people, goods etc. ?


Art Harbour


アート・ハーバーとは


アートのバーチャル国際貿易港


開港記念日:2006年12月1日

言語:マルチ言語


各港は、バーチャルな世界へ向けて、作品を輸出できる

人や組織などは、バーチャルな世界から、作品を輸入できる


現時点輸出品目: アートに関する活動などを「写真と文などで表現した作品」

輸出方法: 各港で作品をこのブログに書き込むことで、輸出したものとみなす

輸入方法: 人や組織が作品をこのブログで参照することで、輸入したものとみなす

注文方法: 感想などをコメントに入れることで、注文したものとみなす


将来、、、列車、飛行機、船、車、バスなどを利用して、リアルな人や物が輸出入できる?


アート・ハーバー

Multi Language

現時点では?


ブログは日本語ベース


Google Translatorで、各国語へ、変換




そして、現場で、リアルなコミュニケーションは?


英語ベースで、現地語がお愛想・・・


こんな感じかな?


Aoyagi YoSuKe

Art HarbOur


The Gaiaと各ハブは?


英語がベースで、Google Translatorで、各国語へ・・・

Copyright and Responsibility of AH Shimokitazawa blog



Copyright:


Each manager or each member of Each AH Local must independently handle Copyright.


Each may insist on Copyright or discard Copyright independently.


Copyright depends on each manager or each member.


Responsibility:


Each manager or each member of Each AH Local

must independently have the resposibility on the posted works.

Art Harbour Shimokitazawa


コピーライト:

各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々でコピーライトの取り扱いをしなければならない。

コピーライトを主張するか破棄するかは各々に任される。


責任:


各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々が投稿した作品に関して責任を持たなければならない。


アート・ハーバー 下北沢


Posting Rule - 掲載ルール




Introducing People, Works, Shops etc. related to Art Harbour as a spot ad.


As a general rule, the details such as map, price should be in the Official Sites related to the ad.

Each ad may contain the Official Sites' URL related to the ad.


Restriction: The Number of Photos is within 6(basically 3). about 640x480 pixel


Ad Size: Within about 2 standard printing papers.


Example: Spot ad. , Flyer, Live Report, Poem, Short Story, Illustraltion, Photo, Paintings etc.


Art Harbour Shimokitazawa



アート・ハーバーに関連した人、作品、店などをスポット広告として紹介する。


原則として、地図や価格などの詳細は広告に関連したオフィシャル・サイトに掲載する。


各広告には関連オフィシャル・サイトのURLを掲載しても良い。


制限:写真など6枚以内(基本は3枚) 1枚に付き640×480ピクセル程度


サイズ:標準プリント用紙(A4)約2枚以内


例:スポット広告、フライヤー、ライブの報告、詩、イラスト、絵など



アート・ハーバー 下北沢