AH Tokyo 検索

カスタム検索

9/07/2012

NeoScience&NeoAge&NeoArtとNeoIndustry


NeoAge系で、どうしても、政治的な観点が出てくる、政治的な観点は極力回避する

理由は? 実利が少ないから・・・


ユニバース -> ソーラーシステム -> ガイア・ビオトープ・システム


われわれは、ガイア・ビオトープ・システムの中でしか、生きられない

ガイア・ビオトープ・システムは、生命体である

そして、その本質は、食物循環である

植物が光合成でエネルギーを生産し、動物は植物に寄生し、死とともに、ガイア・ビオトープ・システムへ還元される・・・

これが、食物循環システムのサイクルである・・・


竜宮城より、シャングリラへ - コンタクトツール


シャングリラは、山彦系、竜宮城は、海彦系

山が良くなれば、海も良くなる。水は上から下へ流れるだけではない。

山で、雨が降り、川となって、海へそそぐ。中途で、蒸発した水が雲を作り、雨を降らせる。

つまり、水は循環しているのである - 自然の摂理


そして、人は?

法の下に、秩序を保って、生きる・・・


人が認知する三つのシステムは?

エコロジー・システム 生態系

エコノミー・システム 経済系

マネタリー・システム 金融系

エコロジー・システムの代表は?


AMeDASは、気象族

エコノミー・システムの代表は?

KaNeUmuは、生産族

マネタリー・システムの代表は?

KaNeDasは、司法族


システム名は AMeDAS

サブシステム名は 降水量、風向、風速、気温、日照時間、積雪の深さ


文化系は? KaNeUmuシステム、笑い

コンテンツ制作、クリエイター、アーティスト、ミュージシャン、ライター・・・


文明系は? KaNeDasシステム

ツール管理、ライセンス管理、メディア管理・・・

プロデューサー、エージェント、ストア、、、


バーリュードリブン方式

企画を出す

最後にロイヤルティを清算する

クロスライセンス

互いの知的財産権を相殺して、知的財産の少ない方が多い方へカネを支払う

ロイアルティ
知的財産をコピーした場合、コピーごとにロイアルティを支払う

単価×数量

royalty
【名-1】印税、著作権使用料、特許権使用料、実施料、上演料
【名-2】特権階級、皇族、王族、王室の人々、王の身分、王位、王権、荘厳、エリート、名門
【名-3】管轄権、採掘権
【@】ロイヤルティー、ロイヤリティー、ローヤルティー、ローヤリティ、【変化】《複》royalties、【分節】roy・al・ty

シェアするシステムは?

XXXシステム

- AAA サブシステム

- BBB サブシステム

- CCCサブシステム

・・・
・・・

XXXはシステムの機能を表現している

AAAはサブシステムの機能を表現している

サブシステムは階層型プログラムで構成されている

よって、シェアする部分は? システムとサブシステム

ただし、開発者はプログラム名もシェアする

このようなサブプログラム群をライブラリと呼ぶ

そして、売買対象は? つまり、ライセンス付与は?

システム単位、サブシステム単位

開発サイドは?

ライブラリ単位

IP単位(もしくは共通モジュール)

IPとは? Intellectual Property(知的財産)

【Intellectual Property】(知的財産)
読み方 アイピー

人の精神的な創造行動から生まれた創作物や、営業上の信用を表した標識などの経済的な価値を有したモノの総称。これを守る法制度上の権利としては著作権、特許権、意匠権、商標権などがある。また、広義ではインターネットのドメイン名、肖像権、著名標識、営業秘密なども含まれる。



NeoScience&NeoAge&NeoArt


あなた方は、NeoScience系です・・・

宗教系は、NeoAge系です・・・

人文系は、NeoArt系です・・・


とりあえず、系を三つにわけて・・・

Babylon System => quasi-Divine System => Devine System

Web => Bio => NeoSystem(quasi-Divine System?)


ソーラーシステムの中のガイア・ビオトープシステムとして、捉える


機械論的宇宙(ニュートン/デカルト)から、生命論的宇宙(ダーウィン/アインシュタイン)へ、そして、システム論的宇宙(?)へと進化する・・・


Babylon System -> quasi-Divine System -> Divine System

なのかな?


ガイア・ビオトープの定義

微生物と光合成をベースにした食物循環システムである

食 > 衣・娯楽 > 住 > 医 > 冠婚葬祭

これに関しても、何らかの意味で、全生命に共通している、全生命でシェアしている

生まれて、学んで、仕事して、飲んで、食べて、歌って、踊って、死ぬ - 全生命のライフサイクル


今、生命のエネルギー源は? 大きく言って、みっつ

1.化石エネルギー、石炭や石油など

2.ガイアエネルギー、ウランや地熱など

3.ソーラーエネルギー、光合成や風力や水力など


ひとつの原則は?

価値がないものを売り買いすると、エコノミー的に、赤字がどんどん増える。

価値の定義は難しいが、ムダなモノの売り買いは赤字の温床である・・・


エコシステム的なロスを増やすばかり・・・

エントロピーの法則・・・

ムダなモノの売り買いは、エントロピーの増大を招く・・・

これが、原則です・・・

Aoyagi YoSuKe

Creator



そして、、、

機械が機織りをして、微生物が醸成する・・・


注)機械もガイアの一部である。

機械は人力駆動型、生命は自立駆動型

でしょ? 人が機械にエネルギーを補給する。生命は自身でエネルギーを補給する。

最近では、ソーラーウオッチがある。機械と生命の中間のような存在である。


ソーラーパネルとは?

機械の光合成システムである・・・

植物の光合成システムは化合物を生産する。
機械の光合成システムは電気を生産する。


注)広義の出版社とは?

情報産業のコンテンツ系である・・・

よって、情報処理能力が問われる。当然である・・・

つまり、クリエイティブ・クラスの仕事です・・・

○テクノロジ

土木、建築、電機、機械、、、

○インダストリ

農業、漁業、林業、鉱業、工業、、、

テクノロジは学問、理論、、、学者、サイエンティスト、アーティスト、、、

インダストリは業、、、職人、芸人、エンジニア、、、

例は?

テクノロジは理論物理学者

インダストリは応用物理学者

両輪が必要です => プラグマティズム

つまり、

理論物理学 Physics

に対して

応用物理学 Applied Physics

です・・・

企画と翻訳の作業は本質的な違いがある。

企画の作業は多方面からいろいろなことを検討したり、実際に動いたりする。どちらかというとハイテンションになる。右脳をフル回転させる必要がある? 睡眠時間は減る。どちらかというと眼力がものをいう。

逆に、翻訳の作業はアルゴリズミック、ルーチンワークに近い。たぶん左脳をフル回転させる? 睡眠時間は増える。どちらかというと腕力がものをいう。


ソフトウェア開発と似ている。

企画はシステムデザイン、

翻訳はプログラミング!

料理とも似ている。


どういう料理を作るか検討して、食材などを集めるのが企画。

実際に、包丁を握って、料理を作るのが翻訳。


たぶん、オリジナル作家の仕事も似ているはず。

構想を練る作業と執筆作業。


つまり、デザインとインプリメンテーション。


デザインは構想力、想像力が必要。主に右脳の力が問われる。

インプリメンテーションは職人技。主に左脳の力が問われる。

青柳洋介


参考)評価基準は?

質の評価とは? 

価値の創造である・・・ 生産性の改善でもある・・・ ムリ、ムダ、ムラの排除でもある・・・

価値と質・量・単価について

初めに評価ありき・・・

質を評価して、単価が決まる。

よって、情報であろうが、物であろうが、人であろうが(ただし、経済的な意味です)、

情報の価値 = 単価 × 量(ただし、情報の質 = 単価)

物の価値 = 単価 × 量(ただし、物の質 = 単価)

人の価値 = 単価 × 量(ただし、人の質 = 単価、経済的な意味においてのみ)


参考)

みなさん、先進国はリーダーです。クリエイティブ・クラスを目指しましょうね?

Webに対して、Cloudのイメージが湧かなかったが、本日、見えた・・・

それは、Bioである・・・


○詩

機械論的宇宙(ニュートン/デカルト)の世界から

生命論的宇宙(アインシュタイン/ダーウィン)へと、進化する。

ガイアビオトープのイメージも大体できた・・・

ガイア・ビオトープの構造概要

○サイエンス

物理   -   生物

無機   -   有機

エコシステム
(Economy+Ecology)

数学   -   化学

○アート

哲学、宗教、文学、音楽、美術、、、

○テクノロジ

土木、建築、電機、機械、、、

○インダストリ

農業、漁業、林業、鉱業、工業、、、

○社会・コミュニティ(パブリック/プライベート)

ウェブ=バイオ

(ブロードキャスト、コミュニケーション、マスメディア)

/           \

ダイナミック・システム  -  スタティック・システム

(アクティビティ)    (アーカイブス、ライブラリ、ヘリテージ)

インフラ・システム

(トランスポーテーション、メディカル、エデュケーション、、、)

こんな感じかな?

今や、産業は、

情報産業、モノ産業、インフラの三層構造になった・・・

情報貿易の輸出と輸入の自由化は公正である - 死神女神&Dr.パルナサス

モノ産業の輸出と輸入の自由化は公正である

(中略)
コメントを投稿

The Definition Of Art Harbour Blog



The Definition Of Art Harbour


Virtual International Trade Harbours Of Art


Opening Anniversary Date: December 1, 2006

Language: Multi Language


Each harbour can export the works toward the virtual world.

People and organization can import the works from all over the world.


Now,Item: Works on Art Activities that are expressed with Photos and Explanations etc.

Export Method: Each Harbour put the Works onto this blog

Import Method: People and Organizations accsess this blog

Order Method: People and Organizations put some comments about the Works onto this blog.


In the future, we will need transportation including trains,airplanes,ships, cars, buses etc.

in order to export and import people, goods etc. ?


Art Harbour


アート・ハーバーとは


アートのバーチャル国際貿易港


開港記念日:2006年12月1日

言語:マルチ言語


各港は、バーチャルな世界へ向けて、作品を輸出できる

人や組織などは、バーチャルな世界から、作品を輸入できる


現時点輸出品目: アートに関する活動などを「写真と文などで表現した作品」

輸出方法: 各港で作品をこのブログに書き込むことで、輸出したものとみなす

輸入方法: 人や組織が作品をこのブログで参照することで、輸入したものとみなす

注文方法: 感想などをコメントに入れることで、注文したものとみなす


将来、、、列車、飛行機、船、車、バスなどを利用して、リアルな人や物が輸出入できる?


アート・ハーバー

Multi Language

現時点では?


ブログは日本語ベース


Google Translatorで、各国語へ、変換




そして、現場で、リアルなコミュニケーションは?


英語ベースで、現地語がお愛想・・・


こんな感じかな?


Aoyagi YoSuKe

Art HarbOur


The Gaiaと各ハブは?


英語がベースで、Google Translatorで、各国語へ・・・

Copyright and Responsibility of AH Shimokitazawa blog



Copyright:


Each manager or each member of Each AH Local must independently handle Copyright.


Each may insist on Copyright or discard Copyright independently.


Copyright depends on each manager or each member.


Responsibility:


Each manager or each member of Each AH Local

must independently have the resposibility on the posted works.

Art Harbour Shimokitazawa


コピーライト:

各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々でコピーライトの取り扱いをしなければならない。

コピーライトを主張するか破棄するかは各々に任される。


責任:


各アート・ハーバーのマネージャーまたはメンバーは

各々が投稿した作品に関して責任を持たなければならない。


アート・ハーバー 下北沢


Posting Rule - 掲載ルール




Introducing People, Works, Shops etc. related to Art Harbour as a spot ad.


As a general rule, the details such as map, price should be in the Official Sites related to the ad.

Each ad may contain the Official Sites' URL related to the ad.


Restriction: The Number of Photos is within 6(basically 3). about 640x480 pixel


Ad Size: Within about 2 standard printing papers.


Example: Spot ad. , Flyer, Live Report, Poem, Short Story, Illustraltion, Photo, Paintings etc.


Art Harbour Shimokitazawa



アート・ハーバーに関連した人、作品、店などをスポット広告として紹介する。


原則として、地図や価格などの詳細は広告に関連したオフィシャル・サイトに掲載する。


各広告には関連オフィシャル・サイトのURLを掲載しても良い。


制限:写真など6枚以内(基本は3枚) 1枚に付き640×480ピクセル程度


サイズ:標準プリント用紙(A4)約2枚以内


例:スポット広告、フライヤー、ライブの報告、詩、イラスト、絵など



アート・ハーバー 下北沢